Windows

Surfaceの修理依頼方法と修理完了までの期間

Surface Go2 のタイプカバーを修理しました。不幸にも初期不良品に当たってしまいました。

これまではApple製品に囲まれた環境だったこともあり、Appleサポートは何度も経験したことがあります。今回、初めてMicrosoftサポートのお世話になりましたが、似て非なるものでして苦労しました。

この記事では、Surfaceの修理を検討している方のために、修理依頼の方法および完了するまでの期間について紹介します。

Surface Go2 の故障箇所

初めてのSurfaceとのことで、Microsoft純正品のタイプカバーを購入したのですが、不幸にも初期不良でした。

以前、Surface Go2 のレビュー記事でも話題に触れたのですが、キーボードの反応がやけに遅く、またBackspaceキーの反応もいまいちでした。そのためSurfaceでの文章入力がストレスだったのですが、結果的にタイプカバーの不具合でした。

ここだけの話、SurfaceGo2のタイプカバーは、2回も修理に出しました。引きが強すぎるのか…初期不良品を2連続で引き当ててしまいました。ぶっちゃけMicrosoft純正のタイプカバーの品質は悪いと感じています。購入後、すべてのキーの動作を確認してみるのが得策です。

Surface の修理依頼の流れ(依頼方法)

step
1
Surfaceの製品登録

Microsoftに修理を依頼するには製品登録が必須です。Microsoftストアで購入した場合は、自動で登録されますが、その他の店舗で購入した場合は購入者自身で登録が必要になりますのでご注意ください。

Microsoft にデバイス登録する

step
2
修理オーダーの登録

Surfaceおよび関連アクセサリーの修理はオンラインで依頼します。明らかに故障と断言できるときは、Microsoftサポートの窓口を通さずにすぐに依頼したほうが、修理期間を短縮できます。

デバイスの一覧から修理する機器の詳細を表示します。

Microsoft デバイス一覧

「修理をオンラインで依頼する」から手続きを進められます。

Surfaceの修理依頼の窓口

Surfaceを使えない期間は少しでも短くしたいところですが、故障かどうかご自身で判断できない場合は、Microsoftサポートに相談してみましょう。

故障かどうか判断がつかない場合はサポートに相談


故障かどうか判断がつかないこともあるかと思います。「キーボードの反応が悪い気がする…」「充電時間が短くなっている気がする…」といった「気がする」状態では修理には出しづらいですよね。

そういうときは「Microsoftサポートに問い合わせる」を利用しましょう!下記URLから問い合わせ可能です。

Contact Us ? Microsoft Support

Microsoftサポートのトップ画面

問い合わせアプリを使って相談しましょう。この問い合わせアプリは、人工知能(AI)ロボットでの対応となります。入力した問い合わせ内容をもとにMicrosoftサイト内を検索して表示する仕組みです。何度か使ってみたのですが、精度は良くないため、現状のレベルでは解決は難しいと感じました。

AIが表示した回答に対して「解決したかどうか」を確認されます。「解決しない」状態が数回続くと、電話窓口を紹介される流れとなります。

Microsoftサポートでようやく対人窓口

対人サポートがメインであるAppleサポートに慣れているため、問い合わせアプリでのやり取りがまどろっこしく、最初から対人の窓口を用意してほしいです。

step
3
受付完了メールを待つ

修理依頼を登録してもすぐには受付完了メールは届きません。また受付完了メールが届かないと修理品の発送ができません。

修理依頼後、すぐに受付完了メールが届くと思っていました。しかし待てども待てどもメールが届かなくて、かれこれ2時間程たってから届きました。修理の依頼を登録した後は、気長に待ちましょう。

step
4
修理品を発送する

保証期間内であれば、修理品の発送はゆうパックの着払いと指定されます。その他のクロネコヤマト、佐川急便で発送したいときは着払いは使えませんので注意が必要です。

修理品の発送での補足事項ですが、Microsoftの修理センターは土日が休みです。そのため金曜日に発送しても受け取りは月曜日となります。木曜日までに発送ができないのであれば、慌てて発送する必要はありません。日曜日に発送しても変わらないです。

どうしても急ぎで修理をお願いしたい場合は、Microsoftサポートに相談すると、事情にもよると思いますが、若干は融通を利かせてくれるようです。

step
5
修理品の到着を待つ

Surfaceのタイプカバーの修理は、即日に修理品が発送されました。Microsoftの修理期間はAppleと比べると短い印象を持ちました。

Microsoftの修理期間が短い理由ですが、Microsoftサポートに電話で確認したところ、本体は再生品、アクセサリーは新品を送付することで対応しているとのことでした。

Microsoftサポートは機械的な対応なので好き嫌いはあると思いますが、修理期間についてはAppleサポートなど他メーカーの修理と比較しても早いです。窓口と修理の対応が機械的だからこそできる迅速対応と言えます。

ココに注意

Surface タイプカバー修理の流れ

修理依頼から修理品が手元に戻ってくるまでの流れ(期間)は、下記の通りでした。

修理の流れ

  • 6月19日(金) 修理依頼
  • 6月20日(土) 修理受付メール到着
  • 6月20日(土) 修理品を発送
  • 6月22日(月) 修理品が修理工場に到着
  • 6月22日(月) 修理完了、発送
  • 6月23日(火) 修理品が手元に到着

上記の日程では、修理依頼から手元に届くまで5日間掛かっています。このケースでは修理工場が休みの期間があるため長くなっているだけです。タイミングが良ければ、最短で3日間です。

修理期間が気になって修理に出せずにいるのであれば、タイミングを見計らって修理に出してみてはいかがでしょうか。

ではでは。

\この記事はお役に立てましたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
blank

popolog

アラフォー4人家族。愛娘誕生をきっかけにカメラ嫌いから一転、デジタル一眼レフにはまる。写真管理が得意。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

前回の記事で、Lightroom環境改善のためにNASの購入を決めました。決めたは良いのですが、NASの購入は初めてです ...

Fedexの国際宅配便 2

Peak Design の Everyday Backpack 20L を海外通販で購入しました。 「送料はいくらかかる ...

3

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

4

先日のディズニーランド旅行にはTamron 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model ...

-Windows
-

blank

© 2020 studio popolog - ポポログ