NAS

Qlocker Inspector でSSH接続不要で暗号化パスワードの取得が可能

QNAP が「Qlocker Inspector」というアプリを開発しました。QNAP NAS を狙ったランサムウェア Qlockerよって攻撃を受けた場合に、Qlockerが暗号化に使用したパスワードを簡単に入手できるようになります。

現在、テクニカルサポートに連絡したユーザーに情報を提供しているようです。

Qlocker Inspector があれば、SSH接続による操作は不要

これまではテクニカルサポートに連絡して、サポートしてもらいながら暗号化パスワードを入手する必要がありました。

その手段もQNAP NASにSSH接続して操作が必要なため、パソコン初心者には敷居が高かったです。パスワードの取得までに時間がかかりました。

QNAPが開発した「Qlocker Inspector」を使えば、AppCenterからアプリをインストールするだけでパスワードが取得できます。

もちろん、以前紹介した7z化から復旧できる条件に該当していればの話です。

QNAP NASがランサムウェア感染、7z化から復旧できる条件とは?

タイトルの通りでございます。所有しているQNAP NASの1台がランサムウェアに感染しました。2021/04/22あたり ...

条件に満たしていない場合は、パスワードが取得できません。ちなみにわが家のNASは取得できませんでした。仮にパスワードを取得できなくても、まだ手はあります。下記をご参照ください。

QNAP ランサムウェア被害から写真データを復旧する方法【パスワード不要】

2021年4月末、QNAP NAS(TS-453Be)が、ランサムウェアのQlockerに感染しました。気付いたときは、 ...

QuLog Centerの「システムイベントログ」で確認可能

Qlocker Inspector をインストールすると、自動で暗号化に使われたパスワードの検索が実行されます。
実行結果は、QuLog Centerの「システムイベントログ」で確認できます。

下図は暗号化パスワードが取得できなかったときのログです。無事に暗号化パスワードを取得できた場合は、Start scanning と Scan completed の間にパスワードを取得した旨を伝えるログが出力されるそうです。

Qlocker Inspector の結果はQuLog Centerの「システムイベントログ」で確認できる

ランサムウェアに感染した場合は、急いでテクニカルサポートに連絡してアプリを提供してもらってください。

テクニカルサポートの返答が遅い場合は、下記にSSH接続の手順を解説していますので参考にして調べてみてください。

ではでは。

\この記事はお役に立てましたか?/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

前回の記事で、Lightroom環境改善のためにNASの購入を決めました。決めたは良いのですが、NASの購入は初めてです ...

Fedexの国際宅配便 2

Peak Design の Everyday Backpack 20L を海外通販で購入しました。 「送料はいくらかかる ...

3

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

4

10GbE対応のNAS環境を導入して1年が経過しました。この記事は、10GbEの導入を悩んでいる方に向けて書いています。 ...

-NAS
-, ,

© 2021 studio popolog - ポポログ