Amazonで購入した並行輸入品のSDカードが本物かどうか確認する方法

SanDisk(サンディスク)の並行輸入品のSDカードをAmazonマーケットプレイスで購入しました。

正規品を購入するのが一番なのですが、並行輸入品は正規品の半額以下で購入できることが分かって悩んだ挙げ句の購入です。

安ければ良いというわけでなく信頼性も重要になります。安かろう悪かろうで偽物をつかまされたら目も当てられません。

そこで、この記事では購入したSDカード(SanDisk)が「本物」かどうか確認する方法を解説します。

実際に購入したSDカードの紹介

今回購入したのは「SanDisk Extreme Pro SDXC 64GB 170MB/s」です。以前同じ型名のSDカードを使っていたのですが、30MB/sの低速なSDカードと間違えて知人に譲ってしまい買い直しました。

SanDiskの公式サイトで製品登録して「本物」かどうか確認

「本物」かどうかの確認は簡単です。SanDiskの公式サイトから製品登録して登録できれば「本物」と判断します。

それではお手元にSDカードのご準備をお願いします。製品登録にはSDカード本体にプリントされている製品コードが必要です。

下記よりSanDisk公式サイトを開いてください。

参考 フラッシュメモリーストレージソリューションのグローバルリーダーSanDisk

トップページの最下部に「製品を登録する」というリンクがあるのでクリックしてください。

これまでSanDiskの公式サイトを利用したことがない場合は、アカウント登録が必要となります。アカウン登録が終わると、下の図のような画面から製品登録ができますので必要情報をサッと入力してください。

SDカードに印字されている製品コード(赤枠の部分)の文字が小さくて読み取るのに苦労しました。年にはかないませんね。

全ての情報の入力ができたら「製品を登録」ボタンを押して下記のような一覧が表示されたら「本物」です。

確認方法は簡単なので、ぜひ試してみてください。また製品登録することで5年間の製品保証が受けられますので損はないです。

ちなみに万が一SDカードが故障したときの交換申請は下記より可能です。

参考 オンラインRMASanDisk

POPOLOG

オンラインRMAの「RMA」ってどういう意味?

達人

「Return Merchandise Authorization」の略で、一定の期間・基準の範囲内で、破損・故障した製品を代替品と交換する保証制度のことじゃ

ディスク速度を計測する

「本物」と分かった場合でも、念のため性能測定をお勧めします。購入したときに記録しておけば、後から書き込みや読み込み速度が遅くなったと感じたときに比較できるので交換申請のときに理由として説明ができます。

速度計測にはWindowsならCrystalDiskMark、MacならAmorphousDiskMarkがお勧めです。

操作は簡単です。画面左上にある「ALL」をクリックして待つだけです。測定結果にある「SEQ」項目に注目します。シーケンシャルアクセスといって、連続した領域に読み込み、あるいは書き込みした速度で、製品に記載されている速度にあたります。

今回、購入したSanDisk Extreme Pro SDXC 64GB」は、仕様上は最大読み込みが 170 MB/s 、最大書き込みが 90 MB/s です。

実測結果と比べて見ると、書き込みは85.5MB/sとそこそこでていますが読み込みは93MB/sと170MB/sとほど遠い結果となりました。

ネットやAmazonの業者の書き込みを見る限りでは、どなたも読み込み速度は80MB/s前後の結果しか出ていない模様です。

実測で読み書きの結果が80MB/sを超えているので、このまま利用するつもりですが、この件についてはSanDiskに問い合わせ中です。回答があれば、この記事に追記する予定です。

まとめ

初めて並行輸入品を購入しましたが1カ月ほど利用しましたが問題なく使えています。大きな問題が発生しない限りは今後は並行輸入品を購入する方針です。

並行輸入品を購入したら、ブログで解説した下記の確認は最低限するつもりです。

  • SanDiskに製品登録できるかどうかの確認
  • ディスク速度の確認

デジタルカメラはお金のかかる趣味です。正規輸入品ではなく並行輸入品であっても、うまく付き合っていけば費用を抑えられます。

カメラグッズは上手に購入できれば費用は抑えられる

これはSDカードに限った話でなく、カメラバッグだったら製造元本家サイトから海外通販したほうが安いことが多いです。出費を少しでも抑えて充実したカメラライフを楽しみましょう!

Fedexの国際宅配便Peak Design 本家サイトから海外通販で購入、1万円以上安く買えた話

海外通販が心配という方は下記の体験レポに関税や国際宅配便について触れていますので参考にしてみてください。

Fedexの国際宅配便国際宅配便 FEDEXの体験レポ(配達状況確認から関税の支払いまで)

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください