写真が上手になりたい!初心者フォトグラファーのメモ帳

studio グッと!カメラ

Apple製品

Apple Watch 5 購入レビュー 常時点灯は腕時計派には必須機能

人生初のスマートウォッチを購入しました。Apple Watch 5です。

電池持ちが18時間、常時点灯ではない、という部分がネックで見送り続けてきたのですが、常時点灯機能が実装されたので思い切って購入に踏み切りました。

購入にあたっては過去の記事でも触れていますが、メタボ解消のためにダイエットをサポートしてくれるという名目で購入申請を通しました。

普通の腕時計から買い換えるならApple Watch 5 がベストではないかと思う理由を話しますね。

とりあえず開封の儀

せっかく購入したので少しだけ開封の儀です。

40mm アルミモデル GPS+セルラー モデルを購入しました。Apple Watchは家電製品と割り切ってアルミモデルを選びました。

Apple は製品の箱までデザインが素敵なので取っておきたくなります。

Apple Watch 5 の箱

箱を開くと、本体とバンドの箱が出てきます。箱の裏にApple Watch が印刷されていて遊び心がある素敵な箱です。

Apple Watch 5 の箱は本体とバンドが別々

Apple Watch 5 のフォルムをご堪能ください。

Apple Watch のフォルム

セルラーモデルはデジタルクラウンのヘッド部分が赤リングになっています。

Apple Watchのセルラーモデルの赤リング

子どもと近所の公園にお出かけ、散歩、ランニングなど、iPhoneを持たずにApple Watch だけで外出できるのは便利なので、価格は割高になりますがセルラーモデルにしました。

ここからが、いよいよ本題になります。

普通の腕時計からApple Watch に不満なく乗り換えられた理由

シンプルイズベストという言葉のとおり、時間を知りたいだけなら腕時計に勝るものはないです。いつどんなときだって正確な時間を教えてくれます。

スマートウォッチを購入するにあたって一番不満というか心配だったのが、時間をストレスなく知ることができるか?という点です。

具体的にネックだったのは下記の2点です。

  • 時間をスムーズにしることができるか?
  • 最低でも24時間は電池は持ちこたえられるのか?

Apple Watch 5 の常時点灯の必要性

普通の腕時計からApple Watch に乗り換えるなら「常時点灯」は必須です。心を鬼にしてキツい言い方をすれば、この機能がないなら時計としての価値はないと言えます。

腕時計の時間を見る場面を想像してみてください。

一番オーソドックスな見方は「左腕を顔の正面に向ける確認」するですね。この使い方ならば、Apple Watch 4でも腕を顔の方に向ければ自動で点灯するので常時点灯がなくても問題はないです。

会議中やPCに向かってキーボードを叩いている最中は、何気なく腕時計に視線を落として時間をチラ見する習慣はないですか?大抵の方は「そうそう、やるよね」と心当たりある行動ですよね。

日頃、スマホで時計を確認する人はチラ見は少ないかも知れませんが、普通の腕時計を常用している方は、このチラ見が癖になっているのではないでしょうか。

Apple Watch の電池持ちは少し心配

Appleのスペック表では18時間とあるが、持たないのではないかと心配している。朝8時くらいから装着して12時間後の夜の20時頃には20%台ということが多い。単純計算だが、今の使い方では18時間は持たない。

恐らく購入直後ということもあってApple Watchを触りすぎているのが原因ではないかと考えている。Twitterでも以下のような話をいただいた。

もう暫く使ってみてから判断したいと思う。

ちなみに、Apple Watchの充電は寝ている時間にしている。今のところ寝ている時間にもApple Watchを装着しておきたいと思うアプリがないためだ。

今後、睡眠計測などの魅力的なアプリが出てくれば、充電タイミングを見直す必要がある。

値ごろ感のあるApple Watch 3 は腕時計の代わりはできない

今、Apple Watch 3 が値ごろ感があって買い!といった話があるが、止めておいたほう得策だと思う。

たしかに安いけど、ディスプレイの表示領域や角張ったデザイン、何よりも常時点灯がないのは辛い。そこを我慢してでも購入したいというのなら止めはしないが、Apple Watch以外でも良いのではないかと思う。

値ごろ感があるとはいってもApple Watchなので、他のスマートウォッチに比べれば決して安くはないです。

Apple Watch以外でもアクティビティの記録、LINEやメールの通知であれば、他のスマートウォッチでも可能なので1度検討してみてはどうでしょうか。

腕時計派からApple Watch 5 への移行はストレスが少ない

Apple Watchの新機能として常時点灯機能が追加されて、ようやく腕時計の役割を果たせるようになったと思います。時計以外の部分は、Appleの得意とする分野です。アプリ次第で十人十色の付加価値が追加されます。

Apple Watch 5 で腕時計としては完成しました。不安要素として電池持ち問題はありますが、スマートウォッチが気になっていた腕時計派にとっては、Apple Watch 5 はストレスなく移行できるはずです。

追伸 液晶保護フィルターを貼り損ねました

液晶保護フィルターに空気がはいった

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

popolog

アラフォー4人家族。愛娘誕生をきっかけにカメラ嫌いから一転、デジタル一眼レフにはまる。写真管理が得意。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

前回の記事で、Lightroom環境改善のためにNASの購入を決めました。決めたは良いのですが、NASの購入は初めてです ...

Fedexの国際宅配便 2

Peak Design の Everyday Backpack 20L を海外通販で購入しました。 「送料はいくらかかる ...

3

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

4

先日のディズニーランド旅行にはTamron 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model ...

-Apple製品
-

Copyright© studio グッと!カメラ , 2019 All Rights Reserved.