写真が上手になりたい!初心者フォトグラファーのメモ帳

studio グッと!カメラ

カメラ機材

Peak Designのアンカーリンクス無償交換はお済みですか?【申請手順の解説あり】

Peak Design(ピークデザイン) のアンカーリンクス(Anchor Links)を、新バージョンに無償交換してもらいました。

Peak Designとはカメラ用品メーカーで、販売している商品には生涯保証してくれます。

以前購入したアンカーリンクスという部品に破損の恐れがあるということで、該当商品は全て新バージョンに無償交換してもえました。「生涯保証(lifetime guarantee )」は話半分くらいで考えていたのですが、Peak Designは本物です。

アンカーリンクスの無償交換の対象

アンカーリンクスとは、カメラとPeak Designの製品を繋げる製品です。下の赤丸部分に付いている紐です。

PeakDesign アンカーリンクスとEOS 7D Mark2

参考 アンカーリンクスの製品紹介Peak Design

アンカーリンクスが切れるとカメラが落下してしまうので、カメラにとっては命と言える部品です。

今回、一部のアンカーリンクスにおいて、想定より劣化が早いという不具合が発見されました。交換対象となっているのはV1とV3のアンカーリンクスです。

PeakDesignの無償交換の対象

それらの製品は新バージョンのV4のアンカーリンクスと無償交換になりました。詳しくはPeak Designの動画をご覧ください。

英語の動画ですが雰囲気で何となく分かると思いますが、神戸ファインダーのAkiさんのブログで詳しく解説されていますのでご覧ください。

参考 ピークデザインのアンカーが切れる?新製品取り替えのお知らせを日本語に翻訳しますKOBE FINDER

100万分の7 の確率「信頼できるメーカー」

公式サイトによると、今回の不具合は2018年春に想定より摩耗が激しいアンカーリンクスを7つ発見したそうです。それまでに100万超のV3アンカーを販売していたことから、この現象が発生する確率は100万分の7です。

しかも、この「摩耗が早くなる現象」は、Peak Design だけの問題ではありません。カメラ側の接続部分の影響によるところが多いです。どのカメラで発生しているのかは書かれていませんが、恐らくカメラメーカーに依存する部分もあるのではないでしょうか。

下の写真をご覧ください。キヤノンのEOS 7D Mark2ですがアンカーリンクスを通す部分は丸みが帯びているので摩耗が早くなる恐れはなさそうです。

Canon EOS 7D Mark2 とアンカーリンクスの接続部分の丸み

正直、この問題の発生する可能性は確率的には極めて低いと思います。確率が低いといえどもアンカーリンクスが切れてカメラが落下してしまうリスクを第一に考えた末の対応が、Peak Design の無償交換です。

今回の対応はユーザーとの間の「信頼」を大切にしたといっt過言ではありません。僕にとって、これからも使い続けたいメーカーになりました。

無償交換手続きの手順

Peak Designのサイトは英語です。英語が苦手なので翻訳ツールを使いながら申請しました。これから交換する人のために申請手順を説明します。

[timeline]
[tl label='Step 1' title='アンカーリンクス無償交換申請を開始する']
下記のURLにアクセスします。

参考 Anchor Replacement Program 2018Peak Design

申請は「Start」をクリックすると始まります。
Peak Design アンカーリンクス無償交換の申請開始
[/tl]
[tl label='Step 2' title='所持しているアンカーリンクスの確認']

今回、交換対象となるアンカーリンクスは2017年8月15日以降に購入したものになります。お手元のアンカーリンクスが該当するなら「YES」をクリックしましょう。

アンカーリンクス無償交換の申請

所持しているアンカーリンクスを一旦、手元に集めましょう。交換対象のアンカーリンクスは写真を撮って提出する必要があります。

アンカーリンクスのストラップ収集

今回、交換対象となるアンカーリンクスはV1とV3です。手元にあるアンカーリンクスの中で1つでも該当するならば「I DO have V1 or V3 Anchors」をクリックします。

アンカーリンクス 無償交換対象有無の確認

該当するアンカーリンクスの個数を入力します。

アンカーリンクス無償交換の個数入力

[/tl]
[tl label='Step 3' title='アンカーリンクスの写真をアップロードする']

無償交換に該当するアンカーリンクスを全て写真に収めて証拠としてアップロードします。キレイな写真は不要ですのでスマホでパシャと撮影しましょう。

古いアンカーリンクスの写真アップロード

写真がアップロードできたら「OK」をクリックします。

古いアンカーリンクスの写真アップロード

[/tl]
[tl label='Step 4' title='配送先の登録']

ここまでできれば、もうあと一息です。無償交換品の配送先を入力します。

まずは氏名。

アンカーリンクス無償交換の申請 配送先入力

メールアドレス。

アンカーリンクス無償交換の申請 配送先入力

電話番号。Peak Designは海外の会社なので、日本の国コードから入力が必要です。「81‐」を先頭に付けて残りは普段どおりに入力しましょう。

アンカーリンクス無償交換の申請 配送先入力

最後に住所です。

アンカーリンクス無償交換の申請 配送先入力

海外発送の場合、どういった住所が必要なの?と不安になった方は下記のサイトが役立ちます。

参考 住所→Address変換JuDress

郵便番号から自動で英語の住所が作成されます。後は貼りつけるだけです。海外通販するときは重宝するサイトなので、ぜひブックマークに登録しておいてください。

[/tl]
[tl label='Step 5' title='申請の提出']

お疲れ様です。あとは「Submit」をクリックすれば、アンカーリンクス無償交換の申請は完了です。

アンカーリンクス無償交換の申請の完了

[/tl]
[/timeline]

申込みから3週間でアンカーリンクスの交換品が到着

申込みからおよそ3週間後で無償交換品が届きました。

小さな白い色のビニール袋に梱包されて郵便で届きました。

アンカーリンクス無償交換品の到着

その袋の中には新しいアンカーリンクスと付属品が透明のビニールに梱包されていました。

アンカーリンクス無償交換品の到着

その中には、新しいアンカーリンクスとリング(SPLIT RINGS)が2つありました。このリングは後述しますが、コンデジなどのストラップの穴が小さいカメラに取り付けるためのものです。

アンカーリンクス無償交換品の到着

下図はV3とV4(新しいアンカーリンクス)を比べた写真です。紐が明らかに太くなっているのが分かります。そうなると付属のリングを使わないと通せないケースも出てきそうですね。

アンカーリンクスのV1とV3との違い

アンカーリンクス V3は使い続ける条件

アンカーリンクス V3って使えるのか?、それともカメラの安全を考えて捨てた方が良いのか?その答えは無償交換品と一緒に同梱されていた1枚の紙にありました。

アンカーリンクスのV3の使い方

V3のアンカーリンクスを使い続けられる条件は下記になります。

  • 同梱されていたリング(SPLIT LINGS)を通してカメラと接続するなら、V3の使用もOK
  • DUAL PALATEやSTANDARD PLATEに取り付けて三脚に接続するなら、V3も今までどおり使用OK

最初にも書きましたが、今回のアンカーリンクスの摩耗が早まる問題は、ある特定条件において限った話なので基本的に使い続けられる条件を守れば、そのまま利用できます。

はっきりって捨てるのは勿体ないです。

まとめ

Peak Designというメーカーはカメラに対する想いが熱いです。今回のような対応は、ユーザーとしてPeak Designの製品なら愛機を託せる、そういった気持ちにさせてくれるメーカーです。

価格帯は他のメーカーに比べて少し高めだと思っていますが、価格以上の製品とサポートを展開してくれます。

「Peak Design の製品が気になっているけれど海外メーカーだから心配」だと思って購入をためらっているなら心配無用です。

ハンドストラップの使い心地
デジタル一眼のストラップをハンドストラップに変えた理由と使い心地

これまではデジタル一眼レフのストラップは、ネックストラップ一筋でした。 絶対にカメラが落下しないという安心感がネックスト ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

popolog

アラフォー4人家族。愛娘誕生をきっかけにカメラ嫌いから一転、デジタル一眼レフにはまる。写真管理が得意。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

前回の記事で、Lightroom環境改善のためにNASの購入を決めました。決めたは良いのですが、NASの購入は初めてです ...

Fedexの国際宅配便 2

Peak Design の Everyday Backpack 20L を海外通販で購入しました。 「送料はいくらかかる ...

3

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

4

先日のディズニーランド旅行にはTamron 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model ...

-カメラ機材
-

Copyright© studio グッと!カメラ , 2019 All Rights Reserved.