写真編集

Lightroom Classicのカタログの仕組みと保存方法を解説

Lightroom Classic を初めて使うときにつまずくのが「カタログ」です。カタログって言われてもピンとこないし、通販の分厚い本?しか頭に浮かばないですよね。

ひと言で表すのは難しいのですが、カタログとは「写真に関するすべての情報が入ったデータベース」だと思ってください。

この記事では、カタログと写真ファイル(RAWやJPEG)の関係について解説します。

Lightroomにおけるカタログの仕組み

Lightroom Classic には大きく二つの機能があります。現像機能と写真管理機能です。現像や写真管理において、写真データそのものには影響は与えません。そのため写真データの変更は、すべてカタログで管理されます。

Lightroom Classic から写真データを読み込むと、指定したフォルダに保存されます。それと同時に写真情報がカタログに書き込まれる仕組みです。

Lightroomの写真とカタログの関係

写真情報とは上図にもあるとおり、「撮影データ」「編集履歴」「RAW現像設定」「キーワード」「ラベル」「レーティング」の情報などです。

これらの情報をカタログというデータベースに登録することによって、写真ファイルそのものにアクセスする機会を減らし、大量写真を効率的に管理して仕上げる仕組みを構築しています。

カタログと写真の保存方法

カタログと写真をパソコン内に保存

パソコン内にカタログと写真データを保存するパターンが一般的な方法です。近頃はストレージにSSD搭載しているパソコンが主流になってきていますので、レスポンスを気にすることなく利用できます。

Lightroomの写真とカタログの保存方法

写真データの容量が多くない場合にオススメの保存方法と言えます。

カタログをパソコン、写真をNASや外付けHDDに保存

大切な写真を紛失したくない、写真を趣味として活動していく、といった方にオススメなのが、NASを利用した保存方法です。

NASを利用したLightroomの写真とカタログの保存方法"

NAS(Network Attached Storage)というのは、直訳するとネットワークに接続した記憶装置です。パソコンがなくてもネットワークに設置できる外付けハードディスクをイメージしてもらうと良いかと思います。

写真をNASに保存するメリットとしては、突然のHDD故障に強いことです。NASはRAIDが簡単に組めます。RAIDとは一つのデータを複数のHDDに保存する機能です。

一つの写真データを複数のHDDに保存しておくことで、大切な写真の紛失を防げます。

QNAPのコスパ最強NAS「TS-453Be」 購入レビュー

QNAP 「TS-453Be」を購入して2週間が経過しました。今のところ、早く買えば良かったと思うくらい満足しています。 ...

大切な家族写真を守るための「バックアップの基本」とタイプ別バックアップ方法の紹介

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

また写真データをネットワーク上のHDDに保存しておくことで、複数のPCから同じ写真データを使用できるため、パソコンを選ばずに趣味に没頭できます。

XMPが鍵!複数台PCにおけるLightroom運用の最善策

NASを使ってLightroomのカタログファイルの共有を検討したのですが、無線LAN接続での書込速度が想定していたより ...

ネットワークを使って写真データをやりとりするため、一般的な1Gbeのネットワークでは処理速度が気になるかも知れません。その場合は、10GBeのネットワーク環境を構築するとストレスなく利用できます。

内蔵HDDより高速!10GbE対応のNASにおける書き込み速度比較

10GbE対応のNAS環境を導入して1年が経過しました。この記事は、10GbEの導入を悩んでいる方に向けて書いています。 ...

まとめ:カタログの役割

Lightroomでは、原則、写真データそのものに変更を加えることはありません。元データを担保して安全に作業ができるわけです。

その仕組みを支えるのは「カタログ」です。

写真に対するさまざまな変更はカタログファイルに記録されます。Lightroomは元データからカタログにある情報を使って、現像後の写真を表示します。

カタログには写真データのさまざまな情報が記録されています。写真を検索するときは、カタログファイルを検索するため、瞬時に結果が表示できます。

つまりカタログはLightroomのエンジン部と言って過言はないのです。

Lightroomのスマートプレビューという機能を使えば、写真データが見えなくてもRAW現像できます。ネットワークが遅い環境、外出先でもストレスなくRAW現像が実現できます。この機能についてはまた別の機会に取り上げたいと思います。

ではでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

popolog

アラフォー4人家族。愛娘誕生をきっかけにカメラ嫌いから一転、デジタル一眼レフにはまる。写真管理が得意。 詳しいプロフィール

おすすめ記事

1

前回の記事で、Lightroom環境改善のためにNASの購入を決めました。決めたは良いのですが、NASの購入は初めてです ...

Fedexの国際宅配便 2

Peak Design の Everyday Backpack 20L を海外通販で購入しました。 「送料はいくらかかる ...

3

デジタルカメラの魅力は「フィルムを気にすることなく何枚も撮れる」ことです。子どもが生まれてから写真を撮り続けています。デ ...

4

10GbE対応のNAS環境を導入して1年が経過しました。この記事は、10GbEの導入を悩んでいる方に向けて書いています。 ...

-写真編集
-